お正月の遊び

MENU

お正月の遊びと言ったら?

 

家族や親戚が集まるお正月には、皆でお正月遊びを楽しみましょう。
小さな子供から大人まで、一緒に楽しむことができる「すごろく」はいかがでしょうか?

 

すごろくはさいころを振って出た目の数だけ進み、先にゴールした人が勝ちというシンプルなルールですね。
奈良時代に中国からやってきたすごろくは、最初は2人で行う遊びとして貴族の間だけで行われていたものでした。江戸時代に「絵すごろく」が出回るようになって庶民の間でも人気の遊びとなり、「出世すごろく」や「道中すごろく」は子供達の間でも大人気となったのです。
最近はさいころではなく、ルーレットを回して進むものも多いですが、シンプルなルールは今も変わらず、家族皆で楽しむことができる遊びですね。
何人で遊んでも楽しいすごろくは、お正月にぴったりの遊びでしょう。

 

また、すごろくの他にも、お正月には昔ながらの遊びを楽しむのも良いですね。
男の子なら、めんこやけん玉はいかがでしょう。
江戸時代のめんこは「泥めんこ」と呼ばれていて、粘土で作られていました。
丸い形をしていて、魔除けの意味もあったそうです。
厚紙のめんことなったのは大正時代に入ってからです。めんこを地面に打ちつけて、他のめんこを動かして遊びます。めんこを裏返したり、台の上から落としたりと、色々な遊び方で楽しむことができますよ。
けん玉もシンプルで楽しいおもちゃですね。
日本けん玉協会では、10級から6段までの技を定めていて、大人も熱中してしまうおもちゃです。

 

女の子は、お手玉も良いですね。
手先を器用に使って遊ぶお手玉は、脳の老化を防ぐ働きもある遊びとして注目されていますよ。手の甲を使ったり、手を叩いてからキャッチしたりと、様々な遊び方がありますよ。
お手玉は簡単に作ることもできます。可愛い布で作って、小さな子供からお年寄りまで一緒に楽しんでくださいね。

 

一昔前であれば、このような遊びは流行ったかもしれませんが、最近ではかるたあたりが定番でしょうか?
小学校や中学校でも百人一首大会を開催しているところもありますので。

 

まあでも子供のころは、遊ぶというよりはお年玉が欲しくて親戚を周るのが楽しみかもしれませんね。
また夏休みや春休みとは違って、冬休みは短かかった思い出があります。

 

おおみそか、初詣、お年玉、おせち料理、あっという間に毎日が過ぎることでしょう。